関東地震の予測をする【危険を事前に察知できる】

地震波を利用した地震検知

大気や自然の異変で察知

タブレット端末

関東地震は今後30年以内に60パーセント以上の確率で発生すると言われています。
震災における被害をできるだけ少なくするために、地震予測にはいくつか種類があります。
地震は地震波によって引き起こされますが、地震波は早く伝わる初期微動のP波と主要動のS波の2種類があり、P波を検知し電気信号で地震予測を気象庁に伝達する仕組みが現在の主流です。
これにより緊急地震速報やテレビでのニュース速報で予測震度と到達までの予想時間が知らされます。
しかしこれは実際に地震波が発生してからの予測であるため、事前の準備や対策を講じるには時間が短いのが難点です。
地震が発生する前には、大気や自然に異常が生じることがありますが、全貌は解明できていないものの、何らかの電磁波が震源から放射されることが判明しており、この観測アンテナを全国に設置することで地震を予測する研究が進んでいます。
また、大気圏における電波の伝わり方にも異常が発生することも確認されており、併せて調査、研究が進められています。
大気や自然の異常としては、他にも地震雲や太陽や月の形が歪んで見えるなどの現象が確認されており、実際に過去の関東地震の際には空の発光現象や地鳴りなど、複数の異常現象がありました。
自然の異変や異常に関心を持ち、関東地震を含む大地震の被害を少なくすることができるように心がけましょう。
また情報を自分から探しに行くと同時に、日頃から防災グッズを用意したり、アプリなどを活用したりして地震への備えを行なっていきましょう。

サービス内奥を比較しよう

レディ

防災対策は自然災害が多い日本には緊急の課題です。
近年は大雨の増加により川の氾濫や土砂災害も増えており、至るところで起こっています。
また元来日本は地震大国ですので、地震に対する対策も当然必要です。
関東地震のような首都圏に直撃するような地震があれば日本経済は大きな被害を受けます。
そこで政府や自治体の対策以外に重要なのが市民の防災意識です。
地震対策はしていてもいつどこで起こるのかが分からないのが地震です。
そこで近年地震予測に力が入れられており、様々な地震予測サービスが生まれています。
このサービスは地方自治体が住民に対して関東地震や関東地震のような広範囲にわたる場合の地震予測をメール配信する他、加入者に対してメールを送るまたは予測サービスを展開している企業HPに予測を掲載する、アプリで地震予測を知らせる等が行われています。
特にこのようなサービスは100%正確といえなくとも、住民や加入者の防災意識を高める為には非常に効果的です。
特に関東地震は近い内に起こるといわれていますので、防災意識の高まりは大きな意味があると言えます。
予測サービスは地殻変動、いわゆる地盤の移動から地震を予測するものと、地震が起こる時に発生する電磁波ノイズから場所や時期を予測するものと大きく2つに分かれます。
どちらも予測においては成果を上げていますのでこの2つの方法は一定の評価を得ていると言えます。
サービスは無料や有料のものがありますので、どのようなサービス内容かを比較してみる事が大切です。

受け取る側の姿勢に注意

婦人

東日本大震災から年月は経ちましたが、いまだ完全な復興には程遠く、不便な生活をしている人は数多くいます。
地震大国と言われる日本では、何とかして地震を予測し、いざという時に備えたいと考える人は多くいます。
南海トラフ沖地震や関東地震など、起きるおそれが高いとされている大形地震は全国にあり、予測の必要性を感じる人も増えています。
近年特に注目されているのが関東地震です。
関東地震は近年地核の動きが少なくなっており、大地震が起きる直前の静穏期に入っているのではないかと言われています。
日本の中で人口や都市機能が集中しているエリアでもあるため、地震への備えは急務となっています。
予測のニーズが高まる中、メルマガで関東地震を始め全国の地震情報について予測を行い危険性を伝えているサービスなども登場しています。
地震予知というとオカルト的なイメージを持つかもしれませんが、実際は科学に基づく予測です。
かなり高い精度を持つものも多く、震度5以上の大形地震を多く当てた経歴があるものもあります。
とはいえ、予測は完璧ではありません。
外れることの方が多いですし、当たっても微弱な震度であることもあります。
重要なのは受け取る側の意識です。
外れることが続いたり、小さな地震ばかりが続いたりすると、それに慣れてしまって本当の大地震を見逃すことにもなりかねません。
まだ精度として完璧でないことを意識しつつも、当たることもあるという意識で常に警戒心を持つことが重要です。
もちろん、いざという時のために非常用袋はきちんと備えておきましょう。